シラカバ

Pocket
LINEで送る

カバノキ科 シラカバ 白樺

シラカバ

SPONSOREDLINK

樹の性質・種類

北海道や本州の高原地帯に自生分布する落葉高木。涼しげな緑の葉と真っ白な樹皮の対比が美しく、夏の高原で人気のある木だ。

あまり太くならず、直立する性質があり、関東地方の平地でも育てることはできるが、長くもって10~20年の寿命とされる。

特徴のある樹皮は白褐色で、古くなると自然に薄く横に剥がれ、下から真っ白な新しい樹肌が現れる。樹皮の白さは、寒い地方ほどよく出てくる。

樹形

自然樹形に仕立てる。

植える時期

2~3月が適期。秋に移植すると冬枯れをおこし、4月以降だと葉の成育と根とのバランスをくずし枯れてしまう。

植える場所

暑さに弱い樹だが、日当たりを好む。日陰になるとすぐに枯れこんで樹形が悪くなるので注意しよう。また、浅根性で、しかも根が乾燥するのを嫌う。

表土が乾燥しないように下草を植えるなどの工夫が必要だ。庭木としては、和風より洋風によく調和するので、洋風庭園に植えるとよい。

剪定の時期

落葉中の11月~2月

SPONSOREDLINK

整枝・剪定方法

自然樹形を観賞する樹。芽吹きが弱いので、下手に途中で枝を切ると枯れこむ恐れがある。

しかし、日当たりに敏感でふところ枝が混雑して日陰になると、すぐ枯れてしまうので、適当に間引き剪定をする必要がある。

枝を切るときは、必ず付け根から切る。また、幹や枝の先端が強く伸びる性質があるので、あまり大きくしたくないときには、新梢を早めに切り詰める。

肥料

2月に堆肥、牛糞などを根のまわりにスコップ1~2杯与える。

病害虫対策

シラカバは、テッポウムシの食害に弱いので、見つけ出し、虫穴を探してスミチオン乳剤を土で練って注入する。

SPONSOREDLINK