ハギ

Pocket
LINEで送る

マメ科 ハギ 萩

ハギ

SPONSOREDLINK

樹の性質・種類

山野に約20種が自生しているが、一般にハギといわれる品種はヤマハギだ。

樹高2~2.5メートルの落葉低木で、夏~秋に紫紅色の花が咲き、秋の七草の一つに数えられている。

このほか庭木として利用されるものにミヤギノハギ、シロバナハギ、キハギなどがある。

樹形

毎年更新する株立ちの、自然樹形仕立てが一般的だが、曲げやすい性質を利用して、トンネル仕立てなどにもできる。

植える時期

落葉中の11月~3月がよい。

植える場所

樹勢が強く土質を選ばないので扱いやすく、日当たりと水はけのよい肥沃な地に植えれば、花つきがよくなるだろう。

剪定の時期

新梢が伸びた5月と落葉期の11月~3月までに行う。

SPONSOREDLINK

整枝・剪定方法

3~5本の枝を出している苗株でも、1~2年肥倍するとかなりの大株になる。

あまり大株になると内部の枝枯れが多くなるし、花は新梢につくので、毎年低く切り戻し、新梢を出させて育てよう。

肥料

冬季、根元のまわりに2~3ヵ所穴を掘り、油粕や鶏糞を1~2握りずつ埋めてやる。

病害虫対策

日当たりや通風が悪いと、春~夏にアブラムシが発生する。マラソン乳剤の1000倍液を散布して駆除する。

SPONSOREDLINK