ジンチョウゲ

Pocket
LINEで送る

ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ 沈丁花

ジンチョウゲ

SPONSOREDLINK

樹の性質・種類

中国原産の常緑低木で、春の3~4月頃に甘い香りの薄い紅紫色の小花が群がって咲く。

仲間には白花のシロバナジンチョウゲ、淡紅花のウスイロジンチョウゲ、葉のふちが白いフクリンジンチョウゲなどがある。

樹形

自然に枝葉のまとまる性質を利用して、球形か玉仕立て、スタンド仕立てにする。

植える時期

4~9月が適期

植える場所

土質を選ぶので、腐植質に富む肥沃な湿潤地を選定する。また、風が直接当たらない半日陰の場所が適地。

苗木は活着しやすく、若木の移植も簡単だが、大きな木になると半年前に根回しをしておいても、土質や環境が合わないと活着しないので、最初から目的の場所に植えるようにする。

剪定の時期

花後の4月に行う。

SPONSOREDLINK

整枝・剪定方法

徒長枝やとび枝を切り、小枝が込みすぎて風通しが悪くなると、花芽をつけなくなったり病害虫を誘発するので、ふところ枝や込み枝を除く。

翌年の花芽が7月にはできるので、それ以後の剪定は避けよう。

肥料

5~6月と9月に化成肥料と油粕を同量に混ぜ、一株当たり2~3握りを根元にばらまく。

病害虫対策

カイガラムシの幼虫はカルホス乳剤の1000倍液を散布して駆除する。また、根腐れ病予防に初夏のうちに、マンネブダイゼンM水和剤500倍液を根元にまいておく。

SPONSOREDLINK