肥料の知識

Pocket
LINEで送る

肥料

SPONSOREDLINK

植物が生育するためには、さまざまな成分が必要だ。自然に吸収される成分も多くあるが、特に大切なのが、三要素といわれる「窒素」「リン酸」「カリウム」だ。

自然肥料と化学肥料

油かすや鶏糞などのように、自然界にある動植物を原料とするものを、「有機肥料」といい、硫安や尿素などのように、化学的に生産されるものを、「無機質肥料」という。

「有機肥料」は、成分量はあまり多くないが、多種類の成分を含み、少しずつ長期的に効く性質があり、多少多めに与えても害にはならない。

「無機質肥料」は、成分の含有量が多く、即効性もあるが、それだけに与え方を注意しないと強すぎる場合がある。

肥料の成分と使い方

肥料によって、植物のどの部分に効果があるかは違ってくる。それだけにうまく使い分けないと、花着きをよくするつもりが、枝葉ばかりを茂らせることになりかねない。

SPONSOREDLINK

枝葉に効果のある肥料

窒素肥料で、油かす、魚粕、堆肥、硫安、石灰窒素などがこれに当てはまる。

花や実に効果のある肥料

リン酸質肥料で、過リン酸石灰、鶏糞、骨粉、米ぬかなど。

根に効果のある肥料

カリ質肥料で、草木灰、硫酸カリ、塩化カリなど。

SPONSOREDLINK